ビタミンC誘導体でニキビを防げない原因は?

悩む女性

所要時間:約4分

ビタミンC誘導体で実感できない2パターン

ビタミンC誘導体が、ニキビのある肌に効果的だということは、色々なところで語られています。しかし「実感できた方、お肌に合わなかった方、変化がなかった方」と、使用後の結果に違いが出てきます。

ここで個人差があるからと終わらせてしまうのは、非常にもったいない考えです。特に「お肌に合わなかった経験のある方、変化がなかった方」は、原因を探って選び直すことで、イメージが180度変わるかも知れません。

・お肌に合わなかった方
・変化のなかった方

お肌に合わなかった方

よくある原因が、ビタミンC誘導体の濃度が高すぎた、浸透力が強すぎたというもの。濃度が高く浸透力も強い方が「単純にメリットだけが大きいという先入観」で失敗するパターンです。

※下記の記事では、濃度・浸透力とお肌の関係について、もう少し詳しくお伝えしています。

ビタミンC誘導体は、お肌に塗ると乾燥を招きやすく、刺激も感じやすいのが特徴ですが、濃度や浸透力が高くなるにつれ、より乾燥しやすく、刺激感も強くなります。

お肌が過敏な状態は、ビタミンC誘導体による乾燥と刺激によって肌荒れを起こし、つられてニキビも悪化しやすくなります。こういった経験をされている場合、濃度と浸透力の低いビタミンC誘導体を選ぶことをお勧めします。

濃度の低いビタミンC誘導体の化粧水

乾燥や刺激をさらに抑えるため、例えばヒアルロン酸の原液などを混ぜて使うことも一つの方法です。注意点は、作り置きをしないこと。ビタミンC誘導体は酸化しやすいため、しっかりとキャップを閉めて保管しておきましょう。

ニキビに変化のなかった方

これは脂性の方に多く、よくあるのがビタミンC誘導体の濃度や浸透力が低すぎたため実感できなかったというものです。実感できないので、自然と使用期間が短くなってしまうことも関連してきます。

脂性の方は、角質がたまり厚くなりやすいので、ビタミンC誘導体の濃度や浸透力は高めの方が、良い結果が出やすい傾向があります。

濃度の高いビタミンC誘導体の化粧水

また、脂性の方は、クレンジングや洗顔で、余分な皮脂や古い角質はしっかり落とした方が、お肌は安定しやすくなります。ビタミンC誘導体も浸透しやすくなるので、一度「落とすケア」を見直してみるのも良いでしょう。

そして、濃度や浸透力の高いビタミンC誘導体で実感できたら、徐々に濃度と浸透力の低いものに変えていくことをお勧めします。お肌を強いものに慣れさせないためです。

こういったことから、お肌の状態に合わせて選ぶと、途端に良い結果が出ることもありますので、ビタミンC誘導体の良さが分からない、実感できないという場合には、ぜひ参考にしてみてください。

記事のまとめ

お肌に合わなかった経験があるなら、濃度や浸透力の低いビタミンC誘導体を試すのがお勧めです。乾燥や刺激をより抑えたい場合は、例えばヒアルロン酸の原液などを足して使うことも考えましょう。

実感したことのない場合は、濃度や浸透力の高いビタミンC誘導体がお勧めです。実感できたら、お肌を強いものに慣れさせないため、徐々に濃度と浸透力の低いものに変えて行くことをお勧めします。

関連記事

  1. ビタミンC誘導体

    ビタミンC誘導体を効果的に使うには?

  2. ニキビケアの見直し

    ニキビが治りにくいときスキンケアはどうする?

  3. 大人ニキビに悩む女性

    頬やあごなど大人ニキビの対処方法は?

  4. 30代スキンケア

    30代からのスキンケアで考えるべきことは?