プエラリア配合量と植物性エストロゲン量の違い

考える女性

所要時間:約4分

プエラリアを配合量だけで選んでいる方へ

あなたは、配合量だけを見てプエラリアを選んでいないでしょうか。しかし、プエラリアはそこに含まれている植物性エストロゲンこそ重要です。

現状では、残念ながら植物性エストロゲン量が一般公開されることはまずありません。そこで、この記事では一般の方にもできる「植物性エストロゲン量を見極めるポイント」をご紹介します。

プエラリアを野菜に例えて考える

例えば、スーパーに行き、ジャガイモがたくさん置いてあったとしましょう。しかし、どれも全く同じ量の栄養が含まれているとは限りません。どうしても、ひとつ一つ栄養の量にバラつきが出るものです。

プエラリアも植物の根ですから、これと似たようなことがいえます。毎日同じ配合量で飲んでも、いつも同量の植物性エストロゲンを摂っているとは限らないということなのです。

では「そんな栄養にバラつきのあるものを飲んで問題ないの?」と考えるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。ここで一つ注目したいことは、自然に生えているものか、栽培が管理されているものかの違いです。

プエラリアについて考える女性

自然に生えているもの(自生種)と比べて、やはり一定の敷地内で栽培管理されている方が、品質としては上だと考えています。なぜなら、管理されている分、一定レベルのものが育つからです。

自生種が悪いということではありませんが、栽培管理されている方が、お客様にとっては安心感や納得がいきやすい面があります。これは、農家のプロが栽培した野菜を選ぶことと似ています。一定の品質が保たれている安心があるからです。

栽培期間にも注目しましょう

このほか、プエラリアは栄養をたくわえるための栽培期間も大事だと言われていますが、たくわえる植物性エストロゲンがあまりに多すぎるのも問題です。※プエラリア100プラスは「長すぎず短すぎない」4年の栽培期間です。

どんな栄養にも言えますが、摂りすぎは意味がないだけではなく、逆に健康や美容にも良くありません。こういったことから「やはりプエラリアは、徹底した管理と品質が重要」になります。

農業大学のプエラリア農園

※農園の画像は、プエラリア100プラスのプエラリアを栽培しているカセサート大学および原料メーカーと契約の上で掲載しております。無断転載は禁止しています。

プエラリアは管理されているかが重要:まとめ

プエラリアでは、配合量だけが一人歩きしているイメージですが、その配合量の中に「どの程度の植物性エストロゲンが含まれているか」が重要です。

ですから、自生種で品質管理があやふやなもの、収穫までの期間が極端に短すぎるものや長すぎるものは、できる限り避けたほうが無難だと言えます。

この記事では、信頼性の高い管理者による「農園での栽培品」は、比較的安定した植物性エストロゲン量だと判断できる一つのポイントだと覚えておきましょう。

関連記事

  1. プエラリア原産国タイの風景

    品質の高いプエラリアを選ぶ重要性

  2. 男性が飲むプエラリアサプリ

    男性がプエラリアを飲むときの疑問を解決

  3. プエラリアの粉末とカプセル

    プエラリアの摂取量と飲み方について


お客様の情報は保護されています